アロマオイルとエッセンシャルオイルとは、同じように香りを楽しむという用途で使われるものですが、大きく異なる点があります。

アロマ精油

エッセンシャルオイルは、日本語で言うと精油です、つまり両者は全く同じものです。エッセンシャルオイルの条件は、100%天然性分である、ということです。そしてアロマオイルは違います。一部、もしくはすべて化学成分でできているのです。このため、エッセンシャルオイルは、香りを楽しむだけではなく、お湯に入れてバスタイムを楽しんだり、体のマッサージに用いることが出来たり、といった使用ができます。ですが、アロマオイルは、体に付けても問題がないかどうかの注意書きを確認する必要があります。化学成分が含まれていますので、体につけてしまうと肌荒れなどを引き起こしてしまう可能性があります。

アロマオイルのほうが質が低いということではなく、用途が違うということです。化学成分が含まれているということは、天然成分よりも細かな香り成分調整ができる、という長所もあります。もちろん体のケアに使うことができるアロマオイルもあります。天然だから良いとか悪いということではなく、どういう製品なのかを見ていくことが大切です。

アロママッサージで、体質改善。

“全身揉みほぐしたい。”と思い、以前から興味のあったアロママッサージを受けに行きました。部屋に案内されると、以前はビジネスホテルだったようで、広くはないのですが個室感覚で落ち着ける雰囲気でした。服を脱ぎ、用意してある紙製のパンツを履き、ベッドでタオルをかけて横になっているとノックが聞こえました。「ご準備出来ましたでしょうか?」と声が聞こえたので、大丈夫ですと返事をするとスタッフの方が入ってきました。
凝りや疲れが気になる所を聞かれ、マッサージが始まりました。その時の私は足と肩が気になっていました。足からマッサージが始まったのですが、とてもくすぐったいのです。我慢できず、ゲラゲラ笑ってしまうと、“痛い”よりも“くすぐったい”方がリンパ詰まっていてひどい状態と言われました。その後もくすぐったさになんとか耐えながらマッサージを受けました。一通り終わり、鏡を見ると足も顔もすっきりした感じがしました。「1回でこんなに効果があるんだ。」と、思いました。身体もすっきりと軽くなり、普段は冷え性で寒く感じる方なのですがぽかぽかと温かいのです。
シャワーと着替えを済ませて事務所として使われている部屋に戻りました。あまりにもリンパが滞っているせいか、何度か続ける事を進められ、私も自分の身体が心配だったため通うことにしました。何度か通っていると、くすぐったい感覚が弱くなって行きました。逆に、気持ち良くて眠くなるという感覚が大きくなりました。そればかりか、普段も身体が温かく感じる事が多くなって行きました。マッサージに通ううちに、体質も改善されていたのだと思います。通ってからは疲れにくくなったように感じます。リラックスもできるし、体質も良くなるアロマの全身マッサージはとても良いと思います。ただ、肌が弱い方は事前にお店の方に伝え、マッサージの際に使用する液を刺激の弱いものに変えてもらったりする必要があるので、注意が必要です。女性として、マッサージで疲れも取れて、キレイになれるのはとても魅力的な事ですよね。すっきりして、また明日からも頑張ろうと思えます。
これからもマッサージを上手に利用して行きたいと思っています。
資料提供
引用文献