洗濯するときに合成洗剤を使うのをやめ、代わりに粉せっけんを使い始めました。柔軟剤も使っていないので、洗濯ものから全く香りがしません。それで、精油を使い始めました。

精油

すすぎの2回目の水がたまったところで洗濯機を開け、数滴たらすと、洗濯が終わった後ほのかにいい香りがします。干した後に、水で薄めた精油を洗濯ものに直接スプレーしてもいい香りがします。また、焼き肉の後のコートなど、洗えないものにもファブリーズ代わりのスプレーを作ることもできます。精油を水で薄めたものに、無水エタノールを少量加えるだけです。こうすると揮発性と殺菌力が高まります。害がないので、子どものぬいぐるみにも使っています。さらに、トイレの芳香剤としても精油を使っています。

空き瓶など口の広い容器に重曹を入れ、重曹に直接数滴垂らすだけです。しばらくいい香りがしますし、香りが薄れてきたら精油を足すこともできます。重曹はその後掃除などに使うこともできます。精油のいいところは、自然のものなので体に害がないことと、何通りにも使えるところです。市販の芳香剤のように何種類もそろえる必要がありません。香りによって穏やかな効能があるのもうれしいところです。